交通事故

 

 交通事故の被害者はケガの治療に苦しむ中、被害者は加害者や保険会社との示談交渉をしなければならないため多大なストレスを強いられます。この場合、弁護士が代理人となることで交渉のストレスから解放されます。

 また、治療の終了後には後遺障害の有無や程度が問題となることがありますが、この場合、弁護士が資料を収集し、詳細な意見を述べることで後遺障害の等級が上がることがあります。

 さらに、同じ事故・症状・後遺障害であっても、弁護士が代理人となって加害者側と交渉や訴訟をすることで損害賠償額が増額される場合が多くあります。

 加えて、交通事故事件については自動車保険にセットされている弁護士費用特約を利用することで経済的な負担を軽減しながら弁護士に依頼することが可能となる場合がございます。

 このように、交通事故事件は弁護士が代理人になる意義が非常に大きいです。

 当事務所は開設以来主に被害者側から多くの交通事故事件の依頼を承り、

  • 自賠責保険請求手続代行
  • 後遺障害等級認定支援
  • 損害保険会社との示談交渉
  • 民事損害賠償請求訴訟

 などに取り組んで参りました。
 鹿児島で弁護士をお探しの際には是非当事務所の選択をご検討ください。