テレワーク希望、企業はどう対応すべきか

はじめに

新型コロナウィルスの猛威が続いています。
このコロナ禍でテレワークという言葉がすっかり一般化しました。
実際に中小企業でもテレワークを導入したという企業も少なくありません。
もっとも、テレワークは職員同士のコミュニケーションが不十分になったり、プライベートとの境界が曖昧になったりするという問題もあります。
そのため、企業によってはテレワークをあまり採用したくないという所もあるでしょう。
しかしながら、もし、労働者側から「新型コロナの感染が怖いのでテレワークを導入してほしい」という要望があったら企業はどう対応するべきでしょうか。
今回は、そのような場合に企業に求められる配慮について示したロバート・ウォルターズ・ジャパン事件(東京地判令和3年9月28日)を取り上げます。

 

事案の概要

本事例は、情報システム開発業務を担当する派遣労働者である原告が、派遣先企業に対して新型コロナウィルス感染対策として時差出勤やテレワークを求めたものの、派遣先より拒否され、さらに労働者派遣契約が終了したことから派遣元企業である被告会社に雇止めをされたという事案です。
原告は、被告会社が派遣先にテレワークの実施を求めるべき義務を履行していないことが安全配慮義務違反に当たるとして雇止めの無効を主張しました。
これに対し、裁判所は原告の請求を棄却しました。

 

事実経過

本件の事実経過は次のとおりです。

  1. 令和2年2月25日、原告と被告会社との間で雇用期間約1か月(=令和3年3月31日まで)とする有期雇用契約を締結。

  2. 派遣先企業に原告が派遣される(業務開始日は令和3年3月2日)。担当業務は情報システム開発で、就業時間は午前9時から午後5時30分まで。

  3. 令和2年2月下旬、原告、新型コロナウィルスへの感染が不安であることを理由に時差出勤と在宅勤務を認めるよう被告会社を通じて派遣先に申し入れ。

  4. 派遣先からは、「オン・ボーディング」(新たなメンバーに職場に慣れてもらうためのサポート等)をする必要があり、業務用のノートPCを渡したり、チームメンバーに会ってもらったりする必要があることからオフィスに出勤する必要があるとの回答。

  5. 同日、派遣先より、3月2日については午前10時の時差出勤を認めるとの回答。

  6. 令和3年3月2日、原告は午前10時に派遣先に出勤。同日、派遣先との間で以降の出勤時刻を午前10時とすることが確認される。

  7. 令和3年3月10日より、原告が(独断で)在宅勤務を開始。その際、原告は始業時刻を午前7時、終業時刻を午後3時30分とする時差勤務も(独断で)行う。

  8. 令和3年3月16日、派遣先より原告の在宅勤務を打ち切り、午前9時より出勤するよう要求。

  9. 令和3年3月19日、派遣先は被告会社との労働者供給契約を更新しない旨を通告。これを受け、被告会社は同日、原告に雇止めの通知を行う。

判決理由の要約

裁判所は次のような理由で原告の請求を棄却しました。

安全配慮義務違反について

  1. 新型コロナウィルス感染に不安を覚える者が少なからずいることはうかがわれる。

  2. しかし、当時は新型コロナウィルスへの知見も十分ではなく、通勤による感染の可能性やその危険性の程度は不明であった。

  3. そのため、被告会社が派遣先に在宅勤務を求めなかった行為は安全配慮義務違反とならない。

  4. また、被告会社は、派遣先に対して時差出勤や在宅勤務の要望を伝えており、その結果、出勤時刻の繰り下げは速やかに実現していた。

  5. そのため、原告が主張するような安全配慮義務が存在するとしても、被告会社に義務違反はない。

雇止めの有効性について

この点については雇用期間は約1か月であり1回も更新されていなかったこと、更新を予定した条項も定められていなかったことなどから、契約継続に対する合理的な期待はないとされ、雇止めは有効と判断されました。

 

判決へのコメント

コロナ禍における使用者側の安全配慮義務について

使用者には営業の自由があります。
そのため、使用者は労働者との契約または人事権に基づき労働者の出退勤の時刻や就業場所を指定することが可能です。
しかしながら、労働者は使用者の指揮命令に基づいて労務を提供する関係上、勤務先に潜むリスクを自分では回避することができません。
このことから、使用者は労働者の生命・身体の安全・健康を確保する安全配慮義務を負うこととされています(労働契約法5条)。
本件は、この使用者の営業の自由と労働者への安全配慮義務との間でジレンマが生じており、両者をどう調整するべきかが問題となります。

この点、本件の裁判例は、原告が主張する「派遣先に対して時差出勤を申し入れる義務」について、新型コロナウィルスの感染リスクや危険性が不明であったことを理由として否定しました。
しかしながら、新型コロナウィルスに相応の感染力があり、いったん感染が発生した場合には重症化リスクもあることは令和3年3月の時点で浸透しつつあったのではないかと思われます。
そのため、使用者側としては、低い確率ながらも職場内での新型コロナウィルス感染の可能性は認識できたのであって、そうであれば使用者には感染予防の対策を講じるべき義務が安全配慮義務違反の一内容としてあったというのが私個人としての意見です。
その意味で、感染可能性や重症化リスクの不明確を安全配慮義務の否定要素として扱った裁判所の判断には疑問があります。

 

本件事例における安全配慮義務違反の有無について

しかしながら、使用者側に安全配慮義務があるといっても、その内容は使用者の事業規模や業種、所属する労働者の人数、本来の就労場所によって千差万別です。
本件の場合、原告の就労方法を決めるのは飽くまで派遣先でした。そのため、被告会社に原告の就労環境について影響を与えるような活動を求めるのは少し酷に思われます。
また、派遣先が述べたような「オン・ボーディング」の必要性もそれなりに説得力があります。
さらに、時差出勤・在宅勤務を実現するとすれば、所属する全労働者の勤怠管理を一から見直す必要もあります。
これらの事情を総合すると、本事例においては、原告が主張するような被告会社に対し在宅勤務の実現を交渉させる義務を認めるのは難しかったと考えます。

しかも、被告会社は原告の時差出勤・在宅勤務の希望を派遣先に伝えており、実際に派遣先もいったんは時差出勤を認めていました。そのため、被告会社は当時可能な範囲で原告の健康・安全に配慮したと評価してよいように思われます。
以上から、本事例に限って見れば、被告会社は実現可能な範囲で原告に対する感染防止のための安全配慮義務を履行したものと評価してよいと考えます。

 

最後に

本事例は結論として使用者側が勝訴した事案ですが、安全配慮義務違反を問われたのが派遣元企業であったこと、また、派遣元が派遣先に原告の要望を伝えていたこと、原告は就労開始直後であり職場や同僚と馴染む必要があったことなどが結論に影響したと考えられます。
そのため、直接雇用で人員配置に融通が利く企業の場合には本件とは別内容の安全配慮義務が求められる可能性があるように思われます。
その場合、使用者側としては、営業を維持しながらどのように新型コロナウィルスのリスクを緩和するのかについて難しい舵取りが求められます。
仮に、使用者側が人事権を強調してリモートワークの要望を一蹴するような態度をとった場合、本判決にかかわらず安全配慮義務違反等の法的責任を問われる余地はあると考えます。
本件から得られる教訓とは、そのような難しい場面だからこそ、就労環境に対する労働者の意向を真摯に聴取した上、可能な範囲で対応をとり、それを丁寧に説明するという態度でしょう。
感染症なので「絶対の安全」はあり得ないのですが、少なくとも労働者と一緒に真剣に悩みながら次善策を検討するという姿勢は必要です。また、そのように労使が協働することはコロナ禍において生産性の高い企業体質を作り上げることにもつながっていくのではないかと思います。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。