日別アーカイブ: 2022年4月9日

退職代行VS弁護士 どっちがオススメ?

はじめに

ここ数年で退職代行サービスがすっかり一般化しました。
最近では勤務先からの慰留があるとまずは退職代行を利用するようアドバイスされるとのことです。
確かに、弁護士から見ても退職代行は費用対効果の面で使いやすい部分があると感じます。
ただし、注意しなければならない部分もあるので、今回はその点も含めて記事にしました。
退職代行の利用を考える際の参考にしていただければと思います。
なお、今回の記事は多分に私の伝聞や個人的な見解が混じっています。
その点を割り引いた上で、1つの読み物として参考にしていただければ幸いです。

そもそも退職代行とは?

一言で言うと、本人に変わって退職届を提出したり書類を授受してくれたりするサービスです。
基本的にはそれ以上でもそれ以下でもありません。
誤解されがちですが、退職届の作成人・差出人は業者ではなく飽くまで本人です。
退職届を提出した後の会社のやり取りも、本人がしなければなりません。

こういう話をすると

「えっ、退職代行業者って退職の交渉をしてくれるんじゃないの?」

という疑問をもつかもしれません。
しかし、業者が会社と「交渉」することはできないというのが建前となっています。
なぜなら、本人に代わって退職の「交渉」をするのは弁護士法72条が禁止する非弁行為に該当するからです。

ただ、実情として「伝言」や「連絡」といった名目で事実上会社と交渉してしまうケースは少なくないでしょう。というよりも、既に一般化してしまっているかもしれません。

退職代行利用時の注意点

先ほど書きましたとおり、退職代行を利用する際には弁護士法72条との関係でそれなりに制約がありますのである程度の注意が必要です。
具体的には次のような点です。

「交渉」は自分でしなければならない

先ほども触れましたが、本来、退職代行業者ができるのは退職届の提出を代行したり書類を授受したりすることだけです。
使用者側が「本人からの届出と確認できなければ受け付けない」と拒絶されてしまうと、改めて本人が提出をしなければならないということは理屈ではあり得ます。
この点、そのような使用者側の行動への対策として、最近は労働組合が本人を代理するという方法が用いられているようです。
しかしながら、これも法的に労働組合と言っていいのか?という問題があります。
なので、万が一使用者側が本人との直接交渉を迫ってきたら自分で対応しなければならないこともある、という点は予め認識しておいてほしいところです。

雇用保険で不利になる可能性

退職届は本人の意向に基づき作成されることから、退職理由はほぼ確実に「自己都合退職」となるでしょう。
その場合、雇用保険の給付の際に待機期間や給付日数などの点で不利益が生じることがあるので、その点を認識しておく必要があります。

残業代・労災で不利になることも

退職代行ができるのは退職届の提出や関係文書の授受だけです。
そのため、残業代や労災の請求が期待できる場合でも、本人に代わって交渉をしたり証拠を収集するといった活動はできません。
そのため、これらの請求が期待できるようなケースでは最初から弁護士に依頼する方が無難です。

傷病手当金を諦めなければならないことも

体調不良で出勤が難しい場合には、直ちに退職をするのではなく、まずは健康保険制度のなかの傷病手当金を利用するという選択肢があります。
傷病手当金を活用すれば、最大で通算1年半まで標準報酬月額の3分の2の保険金を受領することができます。
このように、傷病手当金を活用すれば、収入を確保しながら静養に努めつつ、使用者が定める休職期間が満了した時点で復職するか退職するかという選択をすることが可能です。場合によっては、さらに労災を請求するという選択も不可能ではありません。
しかしながら、退職代行ではそのような「交渉」は不可能です。
「可能であれば復職したい」、「まずはゆっくり休みたい」ということであれば、直ちに退職代行を利用するのは控えた方が良いかもしれません。
少なくとも、いったん傷病手当金の給付を受けてから退職する方が無難です。

最後に

このように、退職代行には弁護士法との関係で制約が生じます。
しかしながら、退職代行が「手頃な費用」と「迅速な処理」を武器に利用者のニーズを獲得してきた今日、私個人としては退職代行を使うべきではないなどとは全く考えていません。
ただ、上記のように弁護士に依頼することで残業代や労災、傷病手当金の受給や復職交渉といった対応も可能となります。
そのため、退職代行と弁護士のどちらを利用するのかは、負担するコストと手放すメリットを十分に考慮した上で決めていただきたいと考えています。今回の記事が、その参考資料となれば幸いです。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。